case study病例集

【チワワの脂漏性皮膚炎】

チワワの脂漏性皮膚炎

2022.9.11
Before
After

【症例】

チワワ、5歳齢、避妊メス

【症状・経過】

かなり若い頃から全身のフケが多かった。
当院を受診する半年ほど前から全身の痒みが強くなり、ボロボロとフケが落ちてくるようになってしまった。
ずっとステロイドを飲ませているが、改善する気配がない。

写真では背中に赤みを伴う大きな脱毛が見られます。

【診断】

脂漏性皮膚炎

【治療】

今回は脂漏性皮膚炎が多いチワワという犬種に加え、かなりの若齢から症状が出ていること、フケを主体とする皮膚病変があることなどを踏まえ、「脂漏性皮膚炎」と診断しました。

治療開始後、1ヶ月経過した時の写真がこちらです。

背部の毛がしっかり生え揃い、痒みが軽減していることがうかがえます。
またフケも格段に減少し、ご家族の掃除の負担もかなり減らすことができました。

脂漏性皮膚炎は内服薬で痒みを抑えるだけではなく、適切なシャンプーや保湿剤を使用して、皮脂の量を調整してあげる必要があります。
当院では脂漏性皮膚炎だけでなく、年間数百症例にのぼる様々な皮膚疾患を診察、診断しています。そのため、通常の治療で良くならない皮膚病でも違った角度から治療プランを立て直すこともできますので、慢性的なわんちゃん、猫ちゃんの皮膚病でお困りの飼い主様は、一度ご相談いただければと思います。

TOP

初診の来院前に必ずご確認ください