case study病例集

【ジャーマンシェパードの犬アトピー性皮膚炎】

ジャーマンシェパードの犬アトピー性皮膚炎

2022.9.11
Before
After

【症例】

ジャーマンシェパード、4歳齢、メス

【症状・経過】

生後半年から皮膚の症状が出ていた。当院が4つ目の病院。前の先生のところでは、お母さんが怒られたところを見ていたワンちゃんが先生に吠えたため、「パニック障害・自閉症による脱毛症」と診断されてしまった。

写真では顔、首、胸、腹部に慢性の炎症を示すように、脱毛や皮膚の色素変化が起こっています。

【診断】

犬アトピー性皮膚炎

【治療】

症状の発生時期や犬種から犬アトピー性皮膚炎の可能性がかなり高かった症例です。各種検査の結果から感染は除外できました。アレルギー検査において、ハウスダストマイトへの感受性が高いことがわかりました。

治療は内服の痒み止め、塗り薬、サプリメント、ハウスダストマイトに対する減感作療法、シャンプーと保湿剤によるスキンケアなど様々な治療法を併用していただきました。

治療開始後、1ヶ月半ほど経過した時の写真がこちらです。

皮膚の赤みや黒ずみはだいぶ薄くなってきて、毛も生えてきています。この頃には痒みがほとんどなく、夜もゆっくり寝てくれているとのことでした。
当院では犬アトピー性皮膚炎だけでなく、年間数百症例にのぼる様々な皮膚疾患を診察、診断しています。そのため、通常の治療で良くならない皮膚病でも違った角度から治療プランを立て直すこともできますので、慢性的なわんちゃん、猫ちゃんの皮膚病でお困りの飼い主様は、一度ご相談いただければと思います。

TOP

初診の来院前に必ずご確認ください