case study病例集

【MIX犬の疥癬+毛周期停止】

MIX犬の疥癬+毛周期停止

2022.12.5
Before
After

【症例】

M I X犬、14歳齢、避妊メス

【症状・経過】

もともと若い頃から背中や後ろ足の毛が薄かったが、特に痒みがなかったので様子を見ていた。当院受診の3ヶ月前から四肢や腹部を中心に強い痒みが見られるようになった。かかりつけではアポキルと抗生剤を処方されたが、改善する様子はなく脱毛はどんどん拡大している。同居犬にも同時期から皮膚の痒みと脱毛が見られていた。

写真では首から下の毛の大部分が脱毛し、フケがついていることが分かります。

【診断】

疥癬+毛周期停止

【治療】

今回のように痒みが出ている皮膚病の診断には、まずは皮膚科検査を実施し感染の有無を確認することが必須です。今回のように短期間で強い痒みを認めるようになる皮膚疾患はそれほど多くありません。

皮膚科検査ではブドウ球菌やマラセチアなどの一般的な菌の増殖はありませんでした。しかし、大量のダニが見つかりました。

これはヒゼンダニという種類のダニで、動物や人にも感染し非常に強い痒みを伴います。数ヶ月で一気に痒みが出て症状が悪化したのは、こいつのせいだったんですね。
ダニは駆虫薬を使用してすぐに症状が治まりました。その後、もともとあった毛が薄いという症状に対しても治療を行うことになりました。

治療を開始して、6ヶ月後の写真がこちらです。

治療前とは比較にならないほど、ふさふさの毛が生え揃いました!今回は脱毛症に対する皮膚病理検査は実施しませんでしたが、これまでの病歴や脱毛部位から毛周期停止を疑い、治療を行ったところ、良好な経過を得ることができました。
当院では毛周期停止だけでなく、年間数百症例にのぼる様々な皮膚疾患を診察、診断しています。そのため、通常の治療で良くならない皮膚病でも違った角度から治療プランを立て直すこともできますので、慢性的なわんちゃん、猫ちゃんの皮膚病でお困りの飼い主様は、一度ご相談いただければと思います。

TOP

初診の来院前に必ずご確認ください